マンション購入をする場合に出てくるメリットは

伸幸ハウスの一戸建て住宅
伸幸ハウスの分譲マンション
 
億通りの組み合わせで選べる伸幸ハウスの自由設計
伸幸ハウスの土地分譲
お問合せフォーム

マンション購入をする場合に出てくるメリットは


マンション購入をするということ



自分の住む家を購入するということには、いくつかの選択肢がありますが、その中のひとつとして、マンション購入ということが挙げられます。注文住宅にするのか、マンションを購入するのか、どちらがいいのかということでよく比較されることもありますが、どちらにもそれだけの魅力があるということにもなってくるでしょう。実際それぞれにメリットがありデメリットがあります。その人のライフスタイルによってもメリットが変わってきますので、一概には決めつけることが出来ないところが注意点でしょう。

いろいろなポイントがありますが、マンション購入の最大の特徴は、物件がすでに建築されているということです。建っているマンションの一室を購入する形となりますが、これがさまざまな点に影響を及ぼします。これは自分で建てていないというデメリットにもつながりますが、一番大きな特徴なので、ここから考えをスタートしていく必要があります。

自分で建てていないということは、土地の選定も自分で行っていないということになります。マンション建設は売れる物件を立てなければいけないという絶対条件がありますので、土地の選定は重要な要件となってきます。そのため、人気があるエリアに建っていることが多く、交通等の利便性が高いことが多いということになります。地域によって異なりますが、例えば駅に近いといったこともありますし、車を利用しやすいということもあるでしょう。学校やスーパーなどの生活に必要な施設を利用しやすいということも条件のひとつです。このような土地に建っている物件を、一戸建てを購入するより安価に手に入れることができるのは、大きなメリットになってくるでしょう。



すでに建ててあるからこそ大きな価値がある



マンション購入は、建ててある物件を購入するので、土地代がかかりません。正確には土地も含まれていることになりますが、一戸建てと同様の費用をかけるのであれば、マンションのほうが有利となる可能性は高いので、それだけ豪華な物件を手にすることができる可能性も高まります。

施設を一緒にすることもできるのがマンションのメリットで、最近では託児所のような共用施設を併設しているところも増えました。こうした共用設備をうまく使うことができれば、生活はかなり便利になることは間違いありません。もちろん、こうした共用設備は、自分たちで管理する必要がないものです。掃除の必要もありませんし、共用となっているスペースは、マンション管理会社が清掃も含めて管理をおこなってくれます。費用の負担は出てくることになりますが、当初より計算されて組み込まれているのであれば、特別に大きな負担になってくることもないでしょう。

設備が整っているところに入居することになるため、改めてテレビアンテナなどを取り付ける必要がありません。ケーブルなども別途用意しなくて済みます。入居者を増やすためには、耐震性や耐火性ということも重視されており、耐久性にも優れた物件でなければいけないでしょう。最近では、断熱性も重視されており、冷暖房の効率もかなり高められています。これによって、冷暖房費のコストの削減にもつながるのですから、大きなメリットと言えます。

多くの人が住むことになるため、セキュリティも配慮されています。安全で安心な建物でなければ売れないのですから、こうしたポイントは、購入する側にとってもかなり重要な要素となってくるでしょう。



デメリットが本当に問題となるのか



マンション購入ということに関しては、デメリットになる要素もあります。これをどうとらえるのかということにもなってきますが、必要のない人や影響のないという人には、マイナス要素にはなりません。

まず、庭がないということがありますが、そもそも必要としないという人も多いでしょう。物件によっては、共有部分として存在する場合もあります。ベランダ程度で十分という人にとっては、大きな影響とは言えません。ペットに制限があるという点も挙げられますが、これも物件によっては問題がないどころか、特化したところもあります。自分のライフスタイルに合った物件を探せば問題はないでしょう。

最も大きな部分としては、上下階があるということです。音漏れなどの問題があるため、気を使ったりすることも出てきますし、我慢するということもあるでしょう。これは、一戸建てで考えれば両隣の問題と似ています。結果として、周りに人が住んでいないところに建てない限り、こういった問題が出てくるはずです。そう考えると、こうした住環境であると考えて注意すれば、そこまで大きな問題にはならないと考えられます。

一戸建てとの違いとして、土地という大きな資産を手に入れることができないということがあります。デメリットにもなってくる部分ですが、これが最も大きな違いとなるでしょう。しかし、土地を購入すると固定資産税の問題も出てきますし、それだけ購入費用が大きくなるということになります。手放しにくいということも出てきますので、これもライフスタイルと合わせて考える必要があるでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 あま市で不動産物件探しをする時のポイント
2位 あま市で一戸建てを建てる時のポイント
3位 名古屋で一戸建てを建てる際に知っておきたいこと
4位 愛知県で注文住宅を検討している方へ
5位 名古屋で新築の住居を持つ前に知っておきたいポイント


あま市の不動産なら伸幸ハウスTOP


資料請求フォーム
お電話でのお問合せはこちら

■ 伸幸ハウスについて

・愛知県あま市の不動産を中心に伸幸ハウスは、1986年7月の創業以来30年に渡り、新築分譲一戸建て・新築分譲マンションを供給し続けてまいりました。「自分が住みたい家」をコンセプトとするその家づくりは、全室100平米越えの分譲マンション「ラドーニ」シリーズ、南ヨーロッパの雰囲気を伝える「エルシエロ」シリーズ、コンパクトながらも住みやすさを追求した「ラヴィエール」シリーズなど、購入後も資産価値の高い分譲マンションとして、お客様から大変好評を得ております。

■ 伸幸ハウスの自由設計について

・新築分譲一戸建てにおいては、フローリング・キッチン・浴槽・便器の色や、バスルームのデザインと浴槽の形、壁紙1面からのデザイン、コンセントの位置、玄関と表札・ポストのデザイン、屋根や外壁の色など、ほぼ無限大の組み合わせが無料で選べ、お客さまの理想の住まいづくりを注文建築並に強力かつリーズナブルにサポートする「伸幸ハウスの自由設計」を基本とした、お客様ファーストの住まいづくりをベースに、「雅」「礎」「響」など異なるデザインや仕様を揃えており、お客様の多様なニーズにお応えしております。

■ 伸幸ハウスの社訓について

・「人を愛する心、自然を愛する心、家づくりを愛する心」の3つの心それは家づくりのプロフェッショナルとなるための基本でもあります。すべてのものを取りまく自然を愛し慈しむ心をベースに、まわりの人々を愛し、支えられ、感謝する気持ちを住まいづくりにつなげていく・・・・。だからこそ私たちは家づくりを愛し、誇りをもって心からおすすめできる住まいをご提供していけるのです。

■ 伸幸ハウスのこれから

・創立以来、人に助けられ、支えられ、まわりとともに成長してきた伸幸ハウスのこれからは、今まで惜しみないご支援をくださった多くの方々に将来、投資して良かったと思っていただけるような成功を収めることにあります。その成功は、ただ会社の規模を大きくすることではなく、より多くの人にもっともっと快適な住まいをご提供することにあります。そしてそのことが会社全体を潤し、協力者の方々へのお返しになると考えています。私たちが愛する人と自然の22世紀を、今よりもっと満足できる形で迎えられるよう、伸幸ハウスは今日も一心に皆様の家づくりのお手伝いをいたします。

■ 代表よりひとこと

・自分が住みたくない家を売るのはモラルに反します。私は子供のころ、よくおもちゃの家をつくっていました。下積み時代にそのことを思い出して、住まいづくりは自分の天職だと自覚しました。今つくっている家はすべて「自分が住みたい家」と言っても過言ではありません。高齢化が進む現在、私を含め、そういう人がどういう住まいを求めるかが重要になってくると考えています。一方で若いご夫婦が元気で楽しく暮らせる住まいも考えていきたいです。これからの伸幸ハウスに、是非期待していただきたいですね。

株式会社 伸幸ハウス
代表取締役社長 竹島 幸男

〒490-1116 愛知県あま市本郷三反地108-5 
TEL:052-444-0310 FAX:052-441-4193
Copyright(c) 2000
SINCO HOUSE Co.Ltd. All Right Reserved.