愛知県の優れた時代背景とあま市の特色ついて

伸幸ハウスの一戸建て住宅
伸幸ハウスの分譲マンション
億通りの組み合わせで選べる伸幸ハウスの自由設計
伸幸ハウスの土地分譲
お問合せフォーム

愛知県の優れた時代背景とあま市の特色ついて


愛知県出身の英傑と地域の時代背景



愛知県はかつては日本の中心にあった場所で、その昔は尾張と呼ばれていた地域でした。日本統一の礎を築いた織田信長の出身地としても有名で、日本三英傑とされる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は全てこの尾張の出身者たちです。室町幕府時代にも足利家とゆかりの深い御家人も多く、尾張足利家(武衛屋敷)や細川氏、一色氏や中条氏らを配した土地柄です。また鎌倉時代でも、源頼朝と関係性の深かった熱田神宮などがあり、今川家の名声も歴史上よく知られています。

面積比は大きく分けて、尾張地方と東西三河地方の3つに区分けする事ができ、県名の由来になったものは、万葉集の「あゆち」に由来するものとされています。もともとその昔は海に近い場所にあったとされており、年魚市潟(あゆちがた)の石碑も残されていますので、かつては広い干潟が存在しており、伊勢湾を望んでいたとされているのです。

尾張はその長い歴史から、多くの名跡や名所の残されている地域で、それらが観光の目玉にもなっています。日本で有名な城に、金のしゃちほこで有名な名古屋がありますが、国宝に指定されている城も現存しています。日本には国宝に指定されているお城が、2016年現在で5カ所ほどありますが、そのうちの一つが犬山市に存在する「犬山城」の天守閣です。織田信長の叔父が築城したものとされ、明治の廃藩置県で多くが取り壊されましたが、奇跡的に天守閣は難を逃れ現在に至っています。また信長の末弟である有楽斎は、利休十哲の一人にも数えられる茶人であり、その茶室であった「如庵」も、犬山市の有楽苑に現存する国宝のひとつです。

西尾市には金蓮寺という由緒ある寺院がありますが、源頼朝の命で建立されたものとされており、こちらの伽羅のひとつである弥陀堂は国宝に指定されており、鎌倉時代をしのばせる建造物です。



愛知県の産業とその功労者たち



県内の産業は、日本三英傑とされた家臣団の子孫が多く輩出されているのが特徴で、その中には老舗の百貨店や造醸酢メーカー、建築業界の大手ゼネコンや豪商、鉄道グループを始め、電気やガス関連などそうそうたるメンバーが輩出されています。

かつて五摂家もあり、多くの財界関係者がこの地の産業に携わり、大きく貢献してきたと言えるでしょう。
特に、高度成長期以降の自動車産業の発展は目覚ましく、大手の自動車メーカーもこの地に根差しています。
特にもの作りが盛んなことから、製造品出荷額は日本一を誇っているほどで、愛知のものづくりを一流のブランドとするべく、それらの活動も盛んに行われているのです。

県内のもの作りによる生産量は、非常に活気あふれるもので、サウジアラビアの国内総生産量に匹敵するとも言われています。
特に活発な自動車産業を始め、これからの世代が活躍するであろう航空宇宙産業に力を入れているほか、これからのさらなる成長を見込めるセラミックス産業や、現在も活発な動きを見せる鉄鋼や特殊鋼産業は、県内の主力を担うおもな産業たちと言えるでしょう。
こうした一次産業を軸にして、二次産業三次産業と幅を広げているのもその特徴で、こうした需要が雇用者の底上げにもつながっていると思われます。

少し変わった地域性では、農業も盛んだというところで、キャベツや大葉、カリフラワーにブロッコリーといった作物や、イチジクなどの果実は生産量や出荷量が、どれも日本一を誇っており、他にも全国一をうたっているものが多いものもあります。



あま市の特色



あま市は愛知県内の北西部に位置する都市で、尾張地方にあります。尾張四観音のひとつである甚目寺観音があり、戦国の有名な武将であった蜂須賀正勝もこの地の出身であり、その菩提寺として有名な蓮華寺も有名な観光地のひとつです

また、鎌倉時代の創建であるとされる菊泉院も、福島正則の菩提寺として知られており、関連する史跡や名所の多い場所と言えるでしょう。

このあま市で有名なものには「尾張七宝」があり、江戸時代末期よりその制作が行われてきたとされています。
驚く事にこの七宝焼は、尾張藩士の次男であった梶常吉がほとんど独学で始めたとされており、オランダ船が運んできたという七宝焼を入手するとそれを砕いて分析研究し、その製法を確立する事で、この地域に根付いたものとされています。

あま市は濃尾平野に位置しているために、比較的平らな地域が多いと言えます。
濃尾平野で田園地帯という事もあり、農地が盛んな土地柄でしたが、大都会となっている名古屋駅からもわずか15分ほどの近距離という事もあり、近年は名古屋のベッドタウンとしての利用価値があり、開発が進められています。

交通の利便性もよく、名古屋鉄道が市内を縦断しているほか、高速道路である名古屋第二環状自動車道が南北に通っていますので、こうした利便性からも現在も宅地造成が市内全域で行われているのです。

最近は人口の増加の目立つあま市ですが、昔から水陸の合流点と立地的に恵まれた事からも、盛んに人々が行きかう街道筋でもありました。はけ作りは日本一で、練馬大根の発祥と言われる方領大根も名産となっています。

あま市の不動産をお探しなら伸幸ハウスへ

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 あま市で不動産物件探しをする時のポイント
2位 あま市で一戸建てを建てる時のポイント
3位 名古屋で一戸建てを建てる際に知っておきたいこと
4位 愛知県で注文住宅を検討している方へ
5位 名古屋で新築の住居を持つ前に知っておきたいポイント


あま市の不動産なら伸幸ハウスTOP


資料請求フォーム
お電話でのお問合せはこちら

■ 伸幸ハウスについて

・愛知県あま市の不動産を中心に伸幸ハウスは、1986年7月の創業以来30年に渡り、新築分譲一戸建て・新築分譲マンションを供給し続けてまいりました。「自分が住みたい家」をコンセプトとするその家づくりは、全室100平米越えの分譲マンション「ラドーニ」シリーズ、南ヨーロッパの雰囲気を伝える「エルシエロ」シリーズ、コンパクトながらも住みやすさを追求した「ラヴィエール」シリーズなど、購入後も資産価値の高い分譲マンションとして、お客様から大変好評を得ております。

■ 伸幸ハウスの自由設計について

・新築分譲一戸建てにおいては、フローリング・キッチン・浴槽・便器の色や、バスルームのデザインと浴槽の形、壁紙1面からのデザイン、コンセントの位置、玄関と表札・ポストのデザイン、屋根や外壁の色など、ほぼ無限大の組み合わせが無料で選べ、お客さまの理想の住まいづくりを注文建築並に強力かつリーズナブルにサポートする「伸幸ハウスの自由設計」を基本とした、お客様ファーストの住まいづくりをベースに、「雅」「礎」「響」など異なるデザインや仕様を揃えており、お客様の多様なニーズにお応えしております。

■ 伸幸ハウスの社訓について

・「人を愛する心、自然を愛する心、家づくりを愛する心」の3つの心それは家づくりのプロフェッショナルとなるための基本でもあります。すべてのものを取りまく自然を愛し慈しむ心をベースに、まわりの人々を愛し、支えられ、感謝する気持ちを住まいづくりにつなげていく・・・・。だからこそ私たちは家づくりを愛し、誇りをもって心からおすすめできる住まいをご提供していけるのです。

■ 伸幸ハウスのこれから

・創立以来、人に助けられ、支えられ、まわりとともに成長してきた伸幸ハウスのこれからは、今まで惜しみないご支援をくださった多くの方々に将来、投資して良かったと思っていただけるような成功を収めることにあります。その成功は、ただ会社の規模を大きくすることではなく、より多くの人にもっともっと快適な住まいをご提供することにあります。そしてそのことが会社全体を潤し、協力者の方々へのお返しになると考えています。私たちが愛する人と自然の22世紀を、今よりもっと満足できる形で迎えられるよう、伸幸ハウスは今日も一心に皆様の家づくりのお手伝いをいたします。

■ 代表よりひとこと

・自分が住みたくない家を売るのはモラルに反します。私は子供のころ、よくおもちゃの家をつくっていました。下積み時代にそのことを思い出して、住まいづくりは自分の天職だと自覚しました。今つくっている家はすべて「自分が住みたい家」と言っても過言ではありません。高齢化が進む現在、私を含め、そういう人がどういう住まいを求めるかが重要になってくると考えています。一方で若いご夫婦が元気で楽しく暮らせる住まいも考えていきたいです。これからの伸幸ハウスに、是非期待していただきたいですね。

株式会社 伸幸ハウス
代表取締役社長 竹島 幸男

〒490-1116 愛知県あま市本郷三反地108-5 
TEL:052-444-0310 FAX:052-441-4193
Copyright(c) 2000
SINCO HOUSE Co.Ltd. All Right Reserved.