納得のいく注文住宅を作るために

伸幸ハウスの一戸建て住宅
伸幸ハウスの分譲マンション
 
億通りの組み合わせで選べる伸幸ハウスの自由設計
伸幸ハウスの土地分譲
お問合せフォーム

納得のいく注文住宅を作るために


大事なマイホームだからこそ



マイホームを購入するということは、人生の中での一大イベントです。住宅ほど人生で非常に高額な買い物をすく事も滅多にありませんし、かつその住宅で人生の多くを過ごす場所となるからです。

それだけに、満足の行くマイホームにしなければいけません。要望を満たすということが重要であり、それによって満足できるか否かがが決まってきます。

注文住宅は、時間が少々かかったとしても満足することが出来るマイホームが作る事ができる方法の1つです。住む人の持つ希望や要望を反映することができるからであり、自由度の高さは折り紙付きです。

分譲住宅の場合、物件を見つける事自体は容易です。しかし、自分の思った通りのマイホームは中々見つからないでしょう。しかし、注文住宅であれば、オーダーメイドで建てることが可能です。自分の希望のキッチンやリビングを設計することもできますし、広さも部屋の構成も自分で決められます。こうした希望をかなえることができるだけではなく、予算も自分で設定できます。安価なものから最高級のものまで、建材や素材も自分の希望で選ぶことができるからです。

ただし、全ての面で自由と言うわけではなく、設計の自由さにはある程度できる範囲と言うものはありますが、こだわりの部分に資金を集中させることもできるでしょう。また、そこまでこだわっていない部分に関しては、お金をあまりかけないということも可能です。予算配分の自由度の高さは、分譲住宅にはありません。設計の段階から納得がいくまで突き詰めることができるようになるのは、注文住宅の最大の特徴であるといえるでしょう。

あま市の不動産をお探しならこちら



自分で工程を見ることができる意味



一時前、偽装された建築物について連日大きく騒がれる事がありました。ただしそれは昔だけの話では無く、今でも耐震偽装や、そもそも図面と異なるものが出来上がるという建物は出てきています。これは、チェック機構の甘さということが挙げられます。施主である自分が全くチェックすることができないということは、安心して住むことへの不安につながります。分譲住宅はあくまで信用の上にしか成り立たないものだからこそ、偽装などによって裏切られたときには大きなダメージにつながります。

注文住宅の場合には、自分の目で見ることができる点が分譲住宅とは大きく違います。建設途中で現場を訪れることができるため、いつでもチェックが可能です。チェック可能であるということは、偽装する行為を未然に防ぐことができます。図面を読めなくても問題はありません。施主がいつでも訪れるという緊張感があれば、ごまかすことは出来ません。こまめに現場へ顔を出すことによって、現場を引き締め、理想のマイホームを建てることが可能です。現場には、必ず管理者がいますので、さまざまなことに関して質問もすることが可能です。自分自身の目で大切なマイホームに対する安心感を得られることは、大きなポイントとなります。こうした行動をとることができる点は、注文住宅を選択するうえで大きなメリットになるでしょう。

あま市の不動産をお探しなら伸幸ハウスへ


話し合って決めていくことが肝要



すべてがメリットというわけではないのが注文住宅です。しかし、そのデメリットを知っておくことで、大きなデメリットになることもなく、素晴らしいマイホームを建てることができるでしょう。自由に決められることが多い分、なかなか事が進まず決まらないことも出てきます。時間がかかってしまうこともあります。しかし、納得いくマイホームにするためには致し方ない部分でもあります。これを打破する方法としては、打ち合わせを重ね、わからない点を明確にしておくことができれば、そこまでのデメリットになることもないでしょう。打ち合わせて担当者と話し合うことで素早く事が進むようになります。

また、幅広い選択肢があるということは、それだけ費用もかかることを意味します。予算を大幅にオーバーする可能性もあり、あとから悔やむという人が少なくないのが注文住宅の問題点です。しかし、こうした問題もメーカーや工務店と話をしていけば、必ず妥協点を見つけられます。話し合いをしっかりと持つことができれば、回避することができるところがポイントです。事前に予算を考えた上で、予算内に気に入るものを見つけられるでしょう。

さらに注文住宅であれば、将来的に改築することも予め考えることができます。その予定を含め設計すれば、負担は格段に減らすことができるでしょう。

理想に近い家を建てられるのが注文住宅の良さです。こまかなデザインに至るまで自分の意思を反映させることができますので、外観などに関しても自分好みにできるでしょう。あとは、しっかりと全体のバランスをとることです。万人受けするような住宅にならないことも多く、個性が強くなりすぎてしまうと、飽きが来る恐れもありますので、自分だけでなく家族みんなが納得できるマイホームができるようにするといいでしょう。

あま市で注文住宅を建てるなら伸幸ハウスへ

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 あま市で不動産物件探しをする時のポイント
2位 あま市で一戸建てを建てる時のポイント
3位 名古屋で一戸建てを建てる際に知っておきたいこと
4位 愛知県で注文住宅を検討している方へ
5位 名古屋で新築の住居を持つ前に知っておきたいポイント


あま市の不動産なら伸幸ハウスTOP


資料請求フォーム
お電話でのお問合せはこちら

■ 伸幸ハウスについて

・愛知県あま市の不動産を中心に伸幸ハウスは、1986年7月の創業以来30年に渡り、新築分譲一戸建て・新築分譲マンションを供給し続けてまいりました。「自分が住みたい家」をコンセプトとするその家づくりは、全室100平米越えの分譲マンション「ラドーニ」シリーズ、南ヨーロッパの雰囲気を伝える「エルシエロ」シリーズ、コンパクトながらも住みやすさを追求した「ラヴィエール」シリーズなど、購入後も資産価値の高い分譲マンションとして、お客様から大変好評を得ております。

■ 伸幸ハウスの自由設計について

・新築分譲一戸建てにおいては、フローリング・キッチン・浴槽・便器の色や、バスルームのデザインと浴槽の形、壁紙1面からのデザイン、コンセントの位置、玄関と表札・ポストのデザイン、屋根や外壁の色など、ほぼ無限大の組み合わせが無料で選べ、お客さまの理想の住まいづくりを注文建築並に強力かつリーズナブルにサポートする「伸幸ハウスの自由設計」を基本とした、お客様ファーストの住まいづくりをベースに、「雅」「礎」「響」など異なるデザインや仕様を揃えており、お客様の多様なニーズにお応えしております。

■ 伸幸ハウスの社訓について

・「人を愛する心、自然を愛する心、家づくりを愛する心」の3つの心それは家づくりのプロフェッショナルとなるための基本でもあります。すべてのものを取りまく自然を愛し慈しむ心をベースに、まわりの人々を愛し、支えられ、感謝する気持ちを住まいづくりにつなげていく・・・・。だからこそ私たちは家づくりを愛し、誇りをもって心からおすすめできる住まいをご提供していけるのです。

■ 伸幸ハウスのこれから

・創立以来、人に助けられ、支えられ、まわりとともに成長してきた伸幸ハウスのこれからは、今まで惜しみないご支援をくださった多くの方々に将来、投資して良かったと思っていただけるような成功を収めることにあります。その成功は、ただ会社の規模を大きくすることではなく、より多くの人にもっともっと快適な住まいをご提供することにあります。そしてそのことが会社全体を潤し、協力者の方々へのお返しになると考えています。私たちが愛する人と自然の22世紀を、今よりもっと満足できる形で迎えられるよう、伸幸ハウスは今日も一心に皆様の家づくりのお手伝いをいたします。

■ 代表よりひとこと

・自分が住みたくない家を売るのはモラルに反します。私は子供のころ、よくおもちゃの家をつくっていました。下積み時代にそのことを思い出して、住まいづくりは自分の天職だと自覚しました。今つくっている家はすべて「自分が住みたい家」と言っても過言ではありません。高齢化が進む現在、私を含め、そういう人がどういう住まいを求めるかが重要になってくると考えています。一方で若いご夫婦が元気で楽しく暮らせる住まいも考えていきたいです。これからの伸幸ハウスに、是非期待していただきたいですね。

株式会社 伸幸ハウス
代表取締役社長 竹島 幸男

〒490-1116 愛知県あま市本郷三反地108-5 
TEL:052-444-0310 FAX:052-441-4193
Copyright(c) 2000
SINCO HOUSE Co.Ltd. All Right Reserved.